Psychoco Laboratory

SE の備忘録

Adobe Phosothop CS6 を HiDPI に対応する(Windows 10 Creators Update 以降)

time 2017/08/25

Adobe Phosothop CS6 を HiDPI に対応する(Windows 10 Creators Update 以降)

Windows 10 Creators Update(バージョン1703) で追加された「高 DPI 設定」で、Adobe Photoshop CS6 のメニューの文字やツールパネルなどが小さすぎる問題に対処できるようになりました。

以前の方法だと Manifest ファイルを作る手間や、レジストリをいじる危険性があったため、今後はこちらの方法が推奨されます。

sponsored link

設定方法

Photoshop.exe のプロパティを変更

  1. Photoshop.exe を右クリックし、「プロパティ」を開いてください。

    ※標準のインストール先は「C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CS6 (64 Bit)/Photoshop.exe」です。

  2. 「互換性」のタブをクリックします。
  3. 「高 DPI 設定の変更」ボタンをクリックします。Photoshop.exeのプロパティ ⇒ 「互換性」のタブ
  4. 「高い DPI スケールの動作を上書きします。」のチェックボックスに、チェックを入れます。
  5. 「拡大縮小の実行元」のプルダウンメニューから、「システム(拡張)」を選択します。高 DPI 設定の変更

以上で設定は完了です。

「拡大縮小の実行元」オプションの違い

高 DPI スケール設定の上書きの「拡大縮小の実行元」オプションは、下記の 3 種類から選択できます。

  • アプリケーション
  • システム
  • システム(拡張)

このうち、「アプリケーション」を選択しても、そもそも Adobe CS6 が対応していないため変化はありませんが、「システム」と「システム(拡張)」では若干の違いがみられました。

「システム」の場合

ツールパネルや文字などが、少しボヤけた感じに見えます。

「システム(拡張)」の場合

ツールパネルなどはボヤけた感じですが、文字はハッキリ表示されました。

環境にもよると思いますが、基本的に「システム(拡張)」を選択するのが良いと思われます。

Illustrator や Premiere Pro、Bridge などにも応用可能

Adobe Creative Suite 6 Master Collection などをお持ちの方は、同様の方法で Illustrator CS6 などにも対応することができます。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link