Psychoco Laboratory

SE の備忘録

Windows Server バックアップに失敗する場合の対処法

time 2017/06/02

最初にバックアップの設定をした際にはうまくいっていたのだが、ある時から Windows Server バックアップがエラーを吐いて取れない状況になっていた。

バックアップ先には USB HDD を指定してあり、空き容量も十分なはずだが、ディスク領域が不足していると言われる。

ずっと格闘していたのだが、やっと解決できたので記録しておく。

sponsored link

Windows Server バックアップのエラー内容

VSS コピー バックアップ

状態: 失敗

エラーの詳細: シャドウ コピーの記憶域ファイルまたはその他のシャドウ コピー データを作成するために利用できる十分な記憶域がありません。

イベントビューアーのエラー内容

イベントID: 521

バックアップ対象のボリュームのシャドウ コピーを作成するボリューム シャドウ コピー サービスの操作が、次のエラー コード ‘0x80780119′ により失敗したため、'{DATE}T{TIME}.465000000Z’ に開始したバックアップ操作は失敗しました。イベントの詳細で解決策を確認し、問題の解決後にバックアップ操作を再実行してください。

対応策

「ディスクの管理」から、「RECOVERY」領域のプロパティを開きます。

「シャドウ コピー」のタブから「設定」ボタンをクリックします。

設定ウインドウが開いたら、「記憶域」を C ドライブ上に配置するよう変更し、「最大サイズ」の項目も「制限なし」に変更します。

 

以上の作業で Windows Server バックアップが問題なくとれるようになりました。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link