Windows 10 Home でグループポリシーエディターを使う方法

グループポリシーエディター Windows 10
スポンサーリンク

Windows 10 の Pro エディションでは標準で使用できるローカルグループポリシーエディター(gpedit.msc)が Home エディションでは使えなかった。

Pro エディションにしなくても有効化できるコマンドがあるようで、試したところ上手くいったのでシェアします。

ローカルグループポリシーエディターを有効化するバッチファイルを作成する

上記のスクリプトをメモ帳に貼り付け、「gpedit-enabler.bat」という名前で保存してください。(名前は何でも良いですが、拡張子の「.bat」を最後につけるようにしてください)

gpedit-enabler.txt

gpedit-enabler.bat

※保存する際に、ファイルの種類を「すべてのファイル」にするとファイル名で指定した拡張子で保存することができます。

作製したバッチファイルを実行

作製したバッチファイルを右クリックして「管理者として実行」を押してください。

コマンドプロンプトに進行状況が表示され、終了すると「続行するには何かキーを押してください」と表示されます。任意のキーを押すとコマンドプロンプトは終了します。

これでローカルグループポリシーエディターが有効化されました。

また、バッチファイルと同じフォルダに「List.txt」が生成され、先程コマンドプロンプトに表示された内容が出力されています。

ローカルグループポリシーエディターの起動

Windows キー+「R」を押すと「プログラム名を指定して実行」のウインドウが表示されます。

名前の欄に「gpedit.msc」と入力して OK を押すとローカルグループポリシーエディターが起動します。

ローカルグループポリシーエディター

Windows 10 Home エディションでも問題なく起動でき、設定も反映されることが確認できました。

後片付け

バッチファイル「gpedit-enabler.bat」と、同じフォルダ内に生成されている「List.txt」は不要なので削除してかまいません。

参考にしたサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました